理由は?プエラリアミリフィカを摂取すると癌になる?

理由は?プエラリアミリフィカを摂取すると癌になる?

理由は?プエラリアミリフィカを摂取すると癌になる?

 

 

バストアップに効果的なプエラリアミリフィカですが、その高い効果が期待できると同時に耳を疑いたくなることが言われています。

 

それは「プエラリアミリフィカを摂取すると癌が発症しやすいのでは?」ということなのですが、もし本当であればプエラリアミリフィカは市場に出回っているはずがありませんよね。

 

しかし、なぜそのようなことが言われるのかということは知っておきたいことなのでは?

 

そこで今回は、「プエラリアミリフィカは癌を引き起こすのでは?」と言われている理由についてお伝えします。

 

ここでしっかりチェックして、あなたの不安を解消してくださいね。

 

・女性特有の癌の種類は?

 

癌の発症率は年齢が重なるほどに高くなると言われますが、今や2人に1人と言われる発症率には不安を抱えずにはいられません。

 

特に女性の場合には女性ホルモンの影響を受ける癌の種類もあり、まずは規則正しい生活を送ることが大切です。

 

そんな女性が発症する癌の種類は乳癌、子宮癌、卵巣癌がありますが、近年では乳癌や子宮癌は特に注目される種類であり、若い人でも油断できない状況です。

 

そのため発癌性のあるものについては、神経質にならざるを得ませんね。

 

 

理由は?プエラリアミリフィカを摂取すると癌になる?

 

 

・プエラリアミリフィカと癌の関連性とは?

 

プエラリアミリフィカには発癌性はありません。

 

ただ、子宮内膜癌や乳癌を促進させることはあります。

 

どういうことかと言うと、プエラリアミリフィカはエストロゲンに似た成分をたっぷりと含んでいると同時にエストロゲン自体を活性化させる働きをするのですが、エストロゲンは女性ホルモンですね。

 

そもそもホルモンは細胞を刺激してその作用を活性化させるという働きをします。

 

そのため女性ホルモンであるエストロゲンは、子宮内膜癌や乳癌の癌細胞を活性化させるため癌を促進させることになるのです。

 

つまり、プエラリアミリフィカによってエストロゲンが活性化され、そのエストロゲンによって癌細胞が活性化させるということです。

 

では具体的に、子宮内膜癌や乳癌でこのことを見てみましょうね。

 

まず子宮内膜癌に対してですがこの癌は子宮内膜で癌細胞が発生するのですが、その細胞はエストロゲンによって増殖します。

 

そのためプエラリアミリフィカによって活性化されたエストロゲンで子宮内膜癌は促進されることになりますね。

 

次に乳癌ですが、この癌は乳腺の組織に癌細胞が発生します。

 

エストロゲンは乳腺を刺激してバストを大きくする働きがありますのでバストアップ効果には非常に期待できるホルモンなのですが、乳癌の場合にはバストアップ効果がかえって逆効果になり、癌細胞まで発達させることになります。

 

そのためプエラリアミリフィカは結果的に乳癌を促進することになるわけですね。

 

これが「プエラリアミリフィカは癌を引き起こすのでは?」と言われている理由です。

 

 

理由は?プエラリアミリフィカを摂取すると癌になる?

 

 

・まとめ

 

プエラリアミリフィカは、発がん性は無いのですが癌を促進させることはあるということなのです。

 

そのためプエラリアミリフィカを摂取するときには、癌検診を受けておくことが大切です。

 

そうすれば、例え癌が発症していたとしてもプエラリアミリフィカによる促進は避けることができますよね。

 

いずれにしても健康あってのバストアップですから、まずはしっかりと基本的な健康管理をすることが大切だということですね。

 

次の記事も参考にしてみて下さいね。

 

 

チェックしておこう!プエラリアミリフィカへの感度には個人差あり!