要チェック!プエラリアミリフィカには危険性があるの?

要チェック!プエラリアミリフィカには危険性があるの?

要チェック!プエラリアミリフィカには危険性があるの?

 

 

毎日飲んでも大丈夫?

 

プエラリアミリフィカの情報や口コミには、危険性を感じさせるものがあるかと思えば、高い効果を期待させるものもありますね。

 

ただ、物にはメリット、デメリットがあるとは言え、これでは「実際にはどうなの?それなら毎日飲んでも大丈夫?」と不安になってしまいますよね。

 

そこで今回は、プエラリアミリフィカには危険性があるといわれる理由についてお伝えします。

 

安心してプエラリアミリフィカを飲むためにも、是非参考にしてくださいね。

 

 

プエラリアミリフィカに危険性があるといわれる理由とは?

 

そもそもプエラリアミリフィカ自体には、危険性はありません。

 

ただ、飲む人の体質や飲み方によっては危険性を伴うこともあります。

 

どういうことかと言うと、プエラリアミリフィカには大豆の40倍のイソフラボンとイソフラボン作用が大豆の1000倍であるミロエステロールとデオキシミロエステロールという植物性エストロゲンが含まれています。

 

と言うことは、大豆アレルギーの人はイソフラボンに反応してアレルギー症状が出るという危険性がありますね。

 

また他にも、女性ホルモンのエストロゲンの中でも非常に活性作用が強いエストラジオールと同様の働きをする、ミロエステロールやデオキシミロエステロールなどの成分が含まれています。

 

そのため高い効果が期待できると同時に、これらの強い成分が過剰に摂取されることになれば、ホルモンバランスが乱れる危険性があります。

 

プエラリアミリフィカは、植物性エストロゲンを身体に入れますので脳はエストロゲンの量が増えたと認知してしまいますのでエストロゲンの本来の分泌される量が少なくなってしまいます。

 

するとこれは身体が持つ自然の作用ではないわけですから、自律神経まで乱れてしまいます。

 

自律神経が乱れると、身体への副作用として、吐き気や頭痛、不正出血や生理不順などの症状が出ます。

 

そのため結果的に、プエラリアミリフィカは過剰摂取により危険性を伴うことになります。

 

 

要チェック!プエラリアミリフィカには危険性があるの?

 

 

プエラリアミリフィカは毎日飲んでも大丈夫?

 

また、過剰摂取につながることとして、プエラリアミリフィカを飲む時期にも注意が必要です。

 

エスロトゲンの分泌量は生理周期を考えれば卵胞期が最も多いため、この時期に飲むことが効果的です。

 

しかし他の時期、特にもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が多い黄体期に飲むと、エストロゲンの量を不自然に増やしていることと同じ状態になりますので、ホルモンバランスが乱れる可能性が高くなります。

 

そのためプエラリアミリフィカは毎日飲むのではなく、卵胞期に飲むことで危険性を避けることもできるというわけです。

 

 

要チェック!プエラリアミリフィカには危険性があるの?

 

 

癌を進行させる危険性もある

 

これはプエラリアミリフィカを飲む前に調べる必要があるのですが、自分が知らないうちに乳房や子宮に癌細胞ができていることがあります。

 

植物性エストロゲンはエストロゲンと似た働きをしますが、エストロゲンは子宮を刺激する女性ホルモンなのです。

 

もし仮に子宮に癌細胞が出来ていれば、エストロゲンの作用が行われて癌細胞まで活性化させる可能性があります。

 

また乳房も同様で、エストロゲンの量が増えたことと同じ状態でエストロゲン作用が活性化されれば女性ホルモンが高まりますので、乳腺が刺激されてバストも大きくなることが期待されます。

 

しかし乳腺付近に癌細胞ができていれば、バストアップ効果が期待できると同時に癌細胞も活性化される可能性が高くなります。

 

すると結果的にプエラリアミリフィカは癌を進行させる危険性があるということになります。

 

まとめ

 

プエラリアミリフィカは有効成分が強力なだけに、飲み方に気を付けなれば危険性を伴うことがあります。

 

しかし、逆に言えば正しい飲み方をしていれば、高い効果が期待できる可能性も高くなります。

 

そのためプエラリアミリフィカを飲む場合には、決して無理の無い飲み方で、期待できる効果が表れることを楽しみに、正しい飲み方をしましょうね。

 

次の記事も参考までにどうぞ。

 

 

プエラリアミリフィカは肝臓に負担をかける?