相互関係性は?プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?

相互関係性は?プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?

相互関係性は?プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?

 

 

今話題のプエラリアミリフィカは、健康的な女性を目指すためにも大注目されているサプリですね。

 

しかしなかには「えっ?生理が遅れる?」という不安になる情報も多く見られます。

 

そこで今回は、プエラリアミリフィカと生理が遅れるということの関係性についてお伝えします。

 

安心してプエラリアミリフィカの効果を期待することができるよう、是非参考にしてくださいね。

 

 

プエラリアミリフィカと生理の関係は?

 

女性にとって生理が遅れることは様々な不安を抱えることになりますね。

 

それなのに、よく「プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?」という情報を目にしませんか?

 

全ての人にというわけではありませんが、本当です。

 

これには「女性にとって高い効果がたくさん期待できると思っていたのに…」とガッカリしてしまうこともありますよね。

 

では、なぜ高い効果があると評判のプエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れるのかと言うと、原因はプエラリアミリフィカを飲む時期と量にあります。

 

プエラリアミリフィカはエストロゲンに似た成分がたっぷり含まれて、エストロゲン活性作用がありますので、飲む時期や量を間違うとホルモンバランスを崩して生理が遅れる症状を招きます。

 

ただ、これらを理解するためには、生理周期と女性ホルモンの関係を知る必要がありますので、この関係性を見てみましょうね。

 

 

相互関係性は?プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?

 

 

生理周期と女性ホルモンの関係は?

 

生理は女性が赤ちゃんを産むための身体の準備をする大切なイベントなのですが、そもそも女性ホルモンと生理周期には密接なつながりがあります。

 

・月経期
卵巣では妊娠のために準備されていた子宮内膜が剥がれ落ち、不要となった卵子は体外に排出されます。

 

このとき女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンはどちらの分泌量が非常に少ない状態です。

 

・卵胞期
子宮内膜が増え始め、厚くなって妊娠のための準備が整えられます。
このときの女性ホルモンはエストロゲンの分泌量がグッと増えます。

 

・排卵期
卵胞期で分泌されたエストロゲンにより卵子は排卵され、卵管が吸い上げるタイミングと合い、精子と受精できれば妊娠します。

 

エストロゲンの分泌量がバランスを考えたときに増えすぎると、脳からの司令によりプロゲステロンが大量に分泌される時期です。

 

・黄体期
子宮内膜が厚くなり、妊娠した場合にはそのままの状態を守る準備をします。

 

この時期はエストロゲン、プロゲステロンともに分泌量が低下します。

 

 

相互関係性は?プエラリアミリフィカを飲むと生理が遅れる?

 

 

生理が遅れる不安を解消するためのプエラリアミリフィカの飲み方は?

 

女性の健康は生理と女性ホルモンのこのような関係が成り立って守られるといっても過言ではありません。

 

そのためプエラリアミリフィカを飲む時期は、エストロゲンが優位に分泌される卵胞期が適しています。

 

プロゲステロンが優位な時期に飲むとエストロゲンが大量に分泌されたと脳に伝達され、本来の女性の生理周期の流れを乱してホルモンバランスを乱す原因を作ります。

 

さらに言えば、プエラリアミリフィカは卵胞期に飲めばエストロゲン作用を充実させるため、毎日飲む必要は無いのですね。

 

また過剰摂取については、エスロトゲンを大量に分泌させたと脳に勘違いさせてしまいます。

 

「生理が遅れる?」という不安を持ちながらではなく、せっかくの高い効果が期待できるプエラリアミリフィカですから、生理周期に基づいた飲み方と過剰摂取に注意して、安心して高い効果を実感しましょうね。

 

下記の記事もチェックしてくださいね。

 

 

食欲に影響?プエラリアミリフィカ摂取に大切なことは?