蕁麻疹が出た!プエラリアミリフィカが原因?理由は?

蕁麻疹が出た!プエラリアミリフィカが原因?理由は?

蕁麻疹が出た!プエラリアミリフィカが原因?理由は?

 

 

プエラリアミリフィカを飲んだ後、さっきまで何もなかったキレイな皮膚に突然蕁麻疹が出ていると、見た目が悪いばかりではなく、どことなく身体に変調を感じることもありますね。

 

そして、何がどうなったのか気になりますし、その理由はしっかり把握しておきたいものです。

 

そこで今回は、プエラリアミリフィカを飲んだら蕁麻疹が出たということについての理由をお伝えします。

 

あなたの健康と美の維持を守るためにも是非、参考にしてくださいね。

 

 

蕁麻疹とは?

 

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織という3層で作られていますが、私たちは様々な方法でこれらにアプローチをして、キレイな皮膚を保とうと努力を重ねる毎日ですね。

 

しかし突然赤い腫れのようなポコッとした盛り上がりができていたリ、かゆみがあったりするという蕁麻疹ができていることがあります。

 

蕁麻疹は皮膚の真皮から起こった現象で、肥満細胞という細胞への何らかの刺激が加わって起こるものです。

 

肥満細胞とは、膨れ上がる細胞だからということが理由でこのように呼ばれている細胞なのですが、真皮にはこの肥満細胞が存在します。

 

肥満細胞は何らかの刺激が与えられることにより、細胞の中からヒスタミンという物質が放出されます。

 

すると真皮はこのヒスタミンの作用で血液が血管から漏れて膨れ、そのために皮膚の表皮まで膨れ上がることがあります。

 

また、知覚神経を刺激してかゆみを感じさせる症状も引き起こします。

 

これが蕁麻疹のメカニズムです。

 

時間が経つとこの症状は消えていることが多いのですが、身体に出来物ができているということは気持ちの良いものではありませんね。

 

 

蕁麻疹が出た!プエラリアミリフィカが原因?理由は?

 

 

プエラリアミリフィカと蕁麻疹との関連性は?

 

プエラリアミリフィカを飲むことで蕁麻疹が出るという多くの原因は、大豆アレルギー体質の人がプエラリアミリフィカに含まれているイソフラボンによってアレルギー現象を起こしているためです。

 

つまりプエラリアミリフィカにはイソフラボン作用がたくさん含まれていますので、大豆アレルギーの人はイソフラボンに対するアレルギー症状を引き起こし、アレルギーの原因物質であるアレルゲンが肥満細胞を刺激しているのですね。

 

そのためプエラリアミリフィカを飲むことで、蕁麻疹を引き起こす原因になりますので大豆アレルギーの人は、プエラリアミリフィカを飲むことは控えなければなりません。

 

また、自分が大豆アレルギーであるということがわからない場合もありますので、プエラリアミリフィカを飲むことで蕁麻疹が出た場合、まずは大豆アレルギーではないのかという確認を病院で検査する必要がありますね。

 

 

大豆アレルギー以外で蕁麻疹が出る可能性もある

 

プエラリアミリフィカを飲むということで、肥満細胞を刺激する可能性は実は大豆アレルギー以外にもあります。

 

そのため身体の変調には注意をしながら摂取をするということを心掛けることが大切ですね。

 

・元々の体調が悪く、身体に負担がかかった
何らかの体調不良がある場合には抵抗力が弱まっているため、プエラリアミリフィカの強い有効成分が身体に負担をかける可能性もあります。

 

そのためそれが刺激となることもあります。

 

・ホルモンバランスの乱れを起こした
プエラリアミリフィカの過剰摂取によりホルモンバランスの乱れが生じた場合、自律神経が乱れます。

 

そうしたことで起こる血行不良や乾燥などの体調不良により、肥満細胞が刺激される可能性もあります。

 

・エストロゲンの作用が働いた
プエラリアミリフィカを飲むことでエストロゲン本来のふっくら感がある女性らしい身体を作る作用が活性化されるため、肥満細胞を刺激することもあります。

 

 

蕁麻疹が出た!プエラリアミリフィカが原因?理由は?

 

 

まとめ

 

プエラリアミリフィカには、女性らしさを維持するための高い効果が期待できる有効成分がたっぷり含まれています。

 

しかし、高い効果を得る前に自分の体調を崩しては、かえって悲しい思いをしてしまうこともありますね。

 

そのためプエラリアミリフィカを手に入れる前には、自分の体質をしっかり確認しておくことが大切ですよ。

 

次の記事もチェックしてみてくださいね。

 

 

女性に嬉しい効果?プエラリアミリフィカの歴史とは?